近隣住民との問題 | 建物を解体するための工事の特徴を学び、綺麗に撤去しよう

建物を解体するための工事の特徴を学び、綺麗に撤去しよう

ショベルカー

近隣住民との問題

近隣住民との関係

解体工事を行なう時に、最も気をつけなければいけないのが、工事現場の近隣に暮らしている人々との関係を大切にすることです。
もし、工事作業を伝えないまま工事を始めてしまいますと、近隣住民との間にトラブルが発生してしまう確率が高くなってしまい、後々後悔してしまう可能性があります。
近隣住民との間でトラブルを起こしてしまうと、新たに一軒家やマンションを建てる時に関係が悪いまま過ごしてしまいますので、住み心地が悪くなってしまいますし、更地にして売却したとしても、跡を濁してしまうのであまり良い事とは言えません。
解体工事を行う前に、近隣住民に一言挨拶をしておくことが大切です。

業者の行動をチェック

近隣住民との間でトラブルに発展してしまうことが無いように、解体工事を行なう業者の行動をしっかりとチェックしなければいけません。
解体工事の際は、工事によって生じる騒音や振動はもちろんのこと、解体工事を行なう際に生じたホコリや細かいコンクリートが飛散してしまう可能性があります。
工事を行う解体業者が、近隣住民に迷惑をかけないように、しっかりと配慮しながら工事を行っているかどうか、作業開始前にしっかりと確認を行わなければいけません。
もし、近隣住民への配慮を行わないまま解体工事を始めてしまうと、解体工事終了後に損害賠償を請求されてしまう危険性があります。
業者が解体工事作業を始める前に、近隣住民への配慮のためにどのようなことを行なうのか、しっかりと確認をしなければいけません。