始める前の注意 | 建物を解体するための工事の特徴を学び、綺麗に撤去しよう

建物を解体するための工事の特徴を学び、綺麗に撤去しよう

ショベルカー

始める前の注意

工事前に確認する

解体工事が行われる前にいくつかやっておかなければいけないことがあります。解体工事の作業をスムーズに行ってもらうために必要な事をきちんと把握しましょう。
工事を依頼することですぐに作業を始めてもらうことができると勘違いしてしまう人が多いのですが、法律で解体工事を行なうためには、7日前までに区市町村に届け出を行わなければいけません。そのため、工事が始まるまで少し時間が必要ですので注意が必要です。
工事が始まるまでの間に、解体を行なう不動産の所有者が行わなければいけないことがいくつかあります。依頼する側が事前に行わなければいけないことは何か、しっかりと把握することが大切です。
基本的に、解体工事を依頼する前には必ず室内に残っている不要品の処分や電気屋電話ケーブルの切断、ガスの止栓などを事前に行わなければいけませんので、專門の業者に依頼しながら作業を依頼しなければいけません。

トラブルの回避

解体工事を利用する時は、業者から産業廃棄物管理票が発行されます。解体工事で生み出された廃棄物がどのように処理されているのか細かく記載されているとても大切な文章ですので、しっかりと内容や押印のチェックを行いましょう。
もし、自分が所有する不動産の解体工事の際に生み出された産業廃棄物が不法投棄されてしまいますと、業者だけではなく、建物の所有者である権利者まで罪に問われてしまう危険性があります。
知らなかったでは済まないとても重要な問題ですので、必ず細かく確認を行いましょう。